2015年01月15日

雪歩きの旅 第二弾


先日青森から美味しいお菓子の詰め合わせが届いたのですが、「八甲田のやま
なみ」という名前のお菓子に、25年位前頻繁に八甲田山までスキーしに通って
いたことを思い出しました。
八甲田山の樹氷はきれいに木を型どったような樹氷とは一味違って、まるでゴ
ジラの群みたいな迫力がありましたっけね。
常宿だった酸ヶ湯温泉の仲居さんたちはみなさん働き者。食事の際にはいい香
りのするひばの割り箸が出て、食事のあと「もらって帰っていいですか?」と
聞いたところ、
仲)恥ずかしいことではありません
と言ってくださったのが強烈に印象に残っています。
ワンスケとも秋に飛行機とレンタカーを使ってキャンプに行きました。雨になっ
てしまって登山はできませんでしたが、ワンスケだったらきっと山頂まで踏破
したに違いないです。
また行ってみたいけど、ノリじゃぁ無理だろうなぁ・・・。

024.JPG
助手席はすっかりスーの定位置になってしまい、ノリのほうが遠慮がちに端っ
こに座らせてもらいながら、いざ五色沼へ!

身支度をさせてもまだグダグダしているノリ・スー
116.JPG
ス)えぇ〜、行くのぉ〜?
ノ)ZZZZ・・・

そしてノリは、歩き始めたらまたこんな(笑)。
ノ)このコース、長いんだよな。オレ、帰る
オレ、帰る.JPG

ス)なに言ってんの?行きましょ行きましょ!
ノ)はぁ〜・・・
五色沼2.JPG

五色沼の正式名称は「五色沼湖沼群」というのだそうです。
最初が「毘沙門沼」。何度訪れても神秘的なエメラルドグリーンに魅せられます。
ス)去年も来たのよね・・・。あたし、まだ子供だったわ・・・
五色沼4.JPG
この一年を振り返る猫柴。

このあと、赤沼→みどろ沼→弁天沼→瑠璃沼→青沼→柳沼と続くのですが、今年は
特に雪が深くて名前の書かれた看板が埋もれていたので、どれが何沼やらよく
わからないまま、ずんずん歩きました。
ノ)休憩もおやつもなしなんて、やってられないぜ!
  パタパタパタッ!

五色沼3.JPG
母)おぉっ!耳パタパタの瞬間激写っ!

さて、宿泊は今回初めて訪れた「ドナルドペンション」さん。犬連れオンリーでは
ないペンションなのが、今のウチには非常に好ましいパターンなんです。犬との接
触が少なくて済むので(汗)。
ノ)疲れたぁ〜
疲れたノリ.JPG
母)なんだよ、その脚は

134.JPG
夕食までの間、休憩です。

初日はゴールデン君を連れてきているご家族がいたのですが、その子は部屋での
お留守番がちゃんとできるのでダイニングには現われず、うちの2匹はテーブル
の下でこの通り静かにしておりました。
ドナペン1.JPG

で、お楽しみの食事は「ロシア料理」!
ボルシチ
ドナペン2.JPG

ピロシキ
136.JPG

オプションで犬用パンも!
ドナペン3.JPG

ほかにロシア風水餃子「ペニメリ」のスープや、シチューの入った器にパンでフ
タをした「グルブイ」などもいただいて、おおらかで明るいオーナー夫妻との
おしゃべりも楽しい宿でございました。
そしてノリは、ビーグル好きの男性客の方の手をベロベロになめさせてもらい、
疲れがピークに達した時の行動であるマウンティングをしようとあがき、揚句に
あぐらの中にすっぽり入りこんで寝てしまうというていたらく。初対面の人にそ
んなことする奴って・・・? かなり笑っていただきました。

今度は雪じゃない季節にも行ってみたいなぁ〜。


ス)あたしも行ってみたい!   ノ)えぇ〜?犬連れが増えないか?
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村




ニックネーム ワハ母 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンハン★ノリスケ★スー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3932811
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック