2014年07月29日

心穏やかな記事

心穏やかな記事ワンスケが若かりし頃は、同い年くらいの仲間たちと荒川土手でずいぶん走ったものでした。
ワンスケは追いかけてもらうのが好きで…もとい、追い付かないように追いかけてもらうのが好きで(追い付かれると白ける)、マグカップの取っ手みたいに尻尾を丸めてバランスをとり、素早くきびすを返してくるくると走ったものでした。
小柄なワンスケが短い足でダッシュする姿を見るのは楽しかったなぁ…。

ハンナさんはワンスケのことが大好きだったので、先に「遊バナイ?」と誘ったのはハンナのほうでした。
ワンスケは「じゃれる」という遊びをほとんどしたことがなく、最初はとまどっていたのですが、そのうち、「じゃれていいのか?」といった感じでハンナに突進するようになり、突き飛ばされるハンナのほうがちょっと怖くなってしまって「ヴゥ~」と怒るようになると、今一つ二匹で上手に遊ぶことはできなくなってしまったのでした。

そして、ハンナ&ノリ時代。ハンナはシニアになっていましたし、ノリは完璧な一人っ子育ち(だったに違いない)の小心者だったため、他の犬と「じゃれる」なんてとんでもなく、いつもひとりでガルガル言いながら巻き巻きしたり、ワタシとぬいぐるみを引っ張りあったり。そんなノリをジトッと見つめていたハンナのことは、「ハンナさんタイム」と称して、遊ぶ代わりにあとでゆっくりなでてあげるというのが習慣でした。
だからノリは、他の犬と遊んだことがありません。
犬)遊ぼうよ!
と誘ってくれる犬にも、
ノ)ワォ~ッ!(おまえなんか怖くないぞぉっ!)
と答えていますから、
犬)だめだ、コイツ犬語が通じないや
と呆れられてしまうのです。
スーが来てからも、相変わらずひとりでガルガル巻き巻きしたり、ワタシと遊んだりでスーを誘う気配は全くなし。
スーのほうも、興奮して唸るノリを恐れて遠巻きにして、
ス)でもおかぁさんと何だか楽しそう…
とひがみっぽい目付きで睨むものだから、ワタシが投げたぬいぐるみをノリがダッシュして取りに行っている間に、
母)スー!!
と呼びつつ隣の部屋に走り、追いかけてきたスーとハグ!それを見て、
ノ)オレのことはぁ?
と目をすがめているノリのくわえているぬいぐるみをつかんで振り回し、一緒にガルガル言ってやりつつぬいぐるみを放り投げるやいなや、
ス)あたしのことはぁ?
とジトッとしているスーに、
母)スー!!
と声をかけつつ隣の部屋に走り、追いかけてきたスーとハグ!それを見て、
ノ)オレのことはぁ?
と目をすがめているノリの……(以下同文)。
犬たちの倍動き回らねばならず、
母)あんたたち、二匹で遊んでくれない?
と、二匹よりも息を切らしているのはワタシ、というのが常でした。

しかしついに先日、スーがノリを誘ったのです。尻尾を振り振り、上半身を下げ、いわゆるプレイバウのポーズ!
ス)ノリ君、遊ぼ!
同居も一年を過ぎて、ノリのガルガルは威嚇の意味ではなく単にノリの気分が高まったときのクセだということがわかり、かつ、自分がちょっと怒ればノリが退いてしまうこともわかって、安心して遊べる相手だと思ったのでしょう。
ノ)え?
と、とまどうノリに、心の中で
母)ノリ!プレイバウだぞ!遊べ!
と叫ぶワタシ。
ノ)いいのかな?遊ぶのかな?
とキョトキョトするノリに、スーは尻尾を振り続け、ついに
ノ・ス)ダカダカダカッ!
走る二匹!
逃げるスーにノリが追い付いて体が当たりそうになると、
ス)ギャン!
と小さくスーが怒るので、すぐに距離をとるノリ。そしてまた
ノ・ス)ダカダカダカッ!
母)いい感じじゃん!
何回かそうやって走った二匹、気の強い女子と小心者の男子で、実は相性がいいのかもしれません。
いやぁ、上出来上出来。母は嬉しかったぞ。
また二匹で遊んでおくれ。


ニックネーム ワハ母 at 18:18| Comment(5) | TrackBack(0) | ワンハン★ノリスケ★スー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

情けはノリのためならず

「情けは人の為ならず」ということわざ、「相手の為にならないから、
情けをかけてはいけない」という冷たい意味だと勘違いしがちですが、
正しくは、「人に情けをかけておけば、巡り巡ってやがて自分によい報
いがくるよ」という意味なのですよね。
それをもじっての今回の記事タイトルに、「あぁ、またノリが何かやら
かしたのね」と、みなさまお察しの詳細についてはおいおいお話しする
ことにして・・・。

連休は我が家にお客さんがわんさか押し寄せ、人見知りな「猫的性分」
と、あるじに忠実な「柴的性分」の狭間でスーは文字通り右往左往。
猫のようにどこかに身を潜めていればいいものを、「柴的性分」のほう
が勝ってしまうため、ワタシがあちこち移動するたびに、
ス)おかぁさんはあっち・・・。でもこのルートにはヨソモノが5人いる
から、ここをこう通って、あそこを飛び越えて・・・

なんて、さながらピンボールの玉のようにクネクネと人々の間を縫うよう
に走り抜けてはワタシを追いかけてきていました。
客)ほら、おかぁさんのところに行かなくちゃ!スーちゃんどうする?
と、そのたびにみなさんには受けてましたけど(笑)。

ス)いちばん安全なのはここ
母)ものすごく邪魔なんですけど
スーキッチン.JPG

お客さんがなでたくて近寄ると逃げるのですが、オヤツで誘われるとこの
ようにそろそろと近づいて、パクッとくわえては後ずさり。
野生動物.JPG
母)野生動物だと思って接してください


一方お客さん大好きノリは、べぇ〜〜ったりひっついてこんな感じ。
べったり.JPG

とはいえ、お客さんがいる間はつながれっぱなし。だって、ノリをフリーに
しておくと、こんなことや
あんなこと.JPG
お客さんのごはん茶碗、味噌汁椀から直食いし、残骸をあさっているところ

こんなことが起きてしまうので顔(泣)
こんなこと.JPG
お客さんの化粧ポーチからめぼしいものを持ち逃げしたあと

さて、夜も更けてお客さんの数も減り、数人でテーブルを囲んで穏やかに過
ごしていたとき、ノリが水を飲みたそうにしたのでした。
ノ)フゥ〜ン・・・
母)あぁ、水ね
さすがに何時間もつなぎっぱなしで、喉も渇いたろうしと自由にしてやりな
がらもテーブルには近づかないようぬかりなく目を配っていたワタシ。
水入れに直行してチャプチャプと水を飲んだノリ。
が、その足でさり気な〜く床にあったお客さんのバッグに近寄ると、グッと
顔を突っ込んだのでした。
母)こらぁっ!
首輪をつかんだときにはもう遅く、
ノ)ガルルルルゥッ!ガウガウッ!
バッグから引き放したノリの口の中には、おみやげにとパウンドケーキを入れ
たビニール袋が・・・。
テーブルにばかり気を取られているワタシをさしおいて、
ノ)自由になったらまずあのバッグだな
とノリは目星をつけていたに違いありません。首輪をつかまれて焦ったノリの口
からビニール袋が滑って落ちたときにはもう、ケーキは粉々でした。
パウンドケーキ.jpg
母)またつながれてなさいっっ!ちっ(怒った顔)

で、今日のことわざ。

情けはノリの為ならず

=うっかりノリに情けをかけると隙をついて悪さをして、結局はノリがお仕置き
を受けることになるから、ゆめゆめ可哀そうだなどと情けをかけてはいけないよ
の意

それにしても、なんでこうも懲りないんだろう、ワタシは・・・(涙)。
ノ)だからさぁ、いい加減学べよな
学べよな.jpeg

ス)おかぁさん、ホントにダメねぇ・・・
だめねぇ.JPG
母)めんぼくない・・・って、悪いのはワタシかっ?  


ニックネーム ワハ母 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンハン★ノリスケ★スー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

狼藉者

ろうぜき:狼が草をしいて寝たあとの、草の乱れた状態の意から、乱暴なふる
まいをすること、またそのようなふるまい。


犬が寝床の敷物をホジホジして乱してしまうように、同じ犬族だから狼の寝
床ってそんななんですね。なんだか微笑ましい。

スーもハウスの中ででんぐり返るのが好き
ス)ぐるんぐるん!ごしごし!
スーハウス.JPG

ス)パタパタパタッ!あぁ、さっぱりした
ちなみにこのハウスはそのためだけにあります
パタパタ.JPG


しかし、実際に家族の中に狼藉者がいた場合、微笑ましいなんて悠長なこと
を言ってられない事態が起こるわけで・・・。


昨夜は夕方から外出し、帰ったのが20時前。犬たちがお腹を空かせているだ
ろうと急いで帰って、
ス)ピィィ〜
と、ノリを押し退けてワタシにまとわりつくスーをかわしつつ、
母)ノリ!ノリィ〜!ごはんにしよう〜
と、一応先住犬に配慮してですね、郵便受けから出してきたものを囲炉裏に
なっているテーブルの上に置こうとしたら…。

母)なっ?何?これっ!
素早く寝室へ立ち去るノリ。
えぇ、えぇ、そりゃーワタシは散らかし性で、決してきれいに片付いたテー
ブルではございませんでしたよ。でもね、こりゃーひどすぎませんか?
狼藉現場.JPG


鑑識官と化したワタシの見立てによると、犯犬はチチの側からテーブルに上
がり、移動を開始するやいなやランチョンマットが滑り、囲炉裏の灰の中に
落下。
ランチョンマット.JPG


枝が組まれているためなかなか這い上がれずにあっちの面、こっちの面とト
ライ。それに伴ってあっちの面のバスケットが落下し、
カゴとシャツ.JPG


こっちの面の積み上げられたもろもろが荷崩れを起こし、スタンドが倒れ、
小箱が落ち…。
四方に灰にまみれた足跡をつけながら、何とか這い上がった角にはこんもり
と灰の山…。
スタンドと灰.JPG

足跡.JPG

当初の目的(何かくすねてやる!)も忘れ、ほうほうの体で立ち
去ったといったところでしょうか。

母)あぁ…顔(汗)
頭の中では、片付けが先か?犬のごはんが先か?散歩はどうする?ワタシだっ
てお腹が空いた!でもまずは・・・と今からの優先順位がザ・ベストテンの順位
プレートのようにパタパタと回転し、
母)しょうがない、まず犬のメシ!

狼藉者、いそいそと寝室から出てきて尻尾振ってごはん待ちですよ。ったく。
結局片付けを一番最後にすることにしたので、人間の食事を作っている最中に
チチが帰宅。
父)なんじゃ、こりゃ?
母)それを先にやってたらごはんが夜中になっちゃうから放っといて

今年の2月に、ノリスケとアニマルコミュニケーションをしてもらったのですが、
その中で、「かーちゃんはどんな人?」との質問にノリは、

ノ)スタスタ歩く人かな?な〜んかいっつも忙しぶっているのかも・・・
  もしかしたらホントに忙しいのかな?
  でもさ、同じ忙しくったって、もっとゆったり出来るはずさ


なんてのたまってるんです。


母)誰のせいで忙しくなってるのか自覚しろぉぉぉっ!!!ちっ(怒った顔)
ノ)ビーグルの血がそうさせるんだ!
  ビーグルなんてやめてやる!ガジガジ

ステッカー.JPG

ス)あたしはそんな血、騒がないけど・・・?
キッチンスー.JPG

母)だからスーは猫柴ミックスなんだってば
ス)よかったぁ〜!マタァ〜!
ノ)ビーグルやめたら何になろうかなぁ〜
  ラブラドールなんかいいなぁ。食いしん坊だしイタズラだし・・・
いつでもマタ.JPG






ニックネーム ワハ母 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ワンハン★ノリスケ★スー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

ノリとのかけひき

あんなノリでもあてにしてるんですよね、スーは。これはノリがいない日に
スーと荒川土手に行った時の写真です。

不安気な表情
不安スー.JPG

ス)やだ、あっちから誰か来る・・・
誰か来るスー.JPG

来たのはトイ・プードルの中でも小さいタイプの子でしたが、ノリがいる時
にはピョコピョコ飛び跳ねて興奮しつつも自分から近寄ろうとしたり、相手
が小さければ挨拶くらいはできるスーが、尻込みして全く近寄りませんでし
た。これではノリがいない日のほうがかえって友達増えないなぁ・・・。

さて、ノリがいない日に楽なのは、そこらにコロコロローラーの粘着紙を置
きっぱなしにしても持ち去られる心配がないこと。
母)あぁ〜楽ちん!こんな風にしていても大丈夫!
ス)何がそんなに嬉しいの?
コロコロスー.JPG

コロコロローラーでマタだってできちゃう
コロコロマタ.JPG

ノリがいると、コロコロして剥いた粘着紙はすぐにノリの口が届かないとこ
ろに置くか、空いているほうの手で握っていなければならないのです。


ノリがいる日はしょっちゅうこんな。
母)あぁっ!それどこから持ってきた?!
ノ)オレの口が届くところ
黄色シャツ.JPG

前脚を伸ばして器用に物を取ることもできるので、洗面台からこんなものも
ゲットしてきます。
ノ)ガルルルル〜
母)あはは、いいネタだ。写真撮らせて〜
綿棒ケース.JPG

こんな風にワタシに「単純に受けてる」だけの時は簡単に取り上げられるの
ですが、昨夜ゲットしてPCテーブル下にこもったノリがくわえていたのは
これでした。

固くならない保冷剤
保冷材.JPG

昨夜はムシムシしていたせいか、散歩から帰ってからもしばらくスーがハァ
ハァ暑そうだったので、保冷剤をバンダナにくるんで首に巻いてやっていた
のです。

体温を下げたい時には効果てきめん
バンダナ.jpg

ところが、保冷剤がとけてゆるんだせいか、寝ているスーのバンダナからは
み出していたみたいで、それをノリがくわえて持ち去ったのです。とっさに
母)それはダメ!がく〜(落胆した顔)
とキツイ声を出してしまったのが失敗でした。
ノ)グルルルル〜!
もう放しません。取り上げようと手を出したら、
ノ)ガウガウガウガウッ!
と怒鳴って、さらに手の届かない隅っこに入り込んでしまいました。
母)あぁ〜、失敗したぁ・・・
袋を食い破って中のゼリーを食べてしまったりしたらマズイという親心から
つい、「ダメ!」と言ってしまったのですが、それがノリのスイッチを入れ
てしまったんですよね。
わかってるんですよ、わかってるんですが・・・(涙)。

こんなこと(ベランダにあった軽石)くらいなら放っておきます
そのうち飽きるし

軽石.JPG
ノ)猫砂は食ったことあるんだよなぁ〜。
  これはイケルかなぁ?


で、保冷剤を持って隅っこに立てこもったノリですが、もう人間も寝る時間
だったので居間の電気を消し、
母)もう寝るよ〜
と声を掛けてノリ以外はみな寝室へ。寝室の電気を消してしばらくすると、
タタタタッとノリが手ぶら(口ぶら?)でやってきて、ワタシのベッドに上
がりました。
ノ)ムムゥ〜・・・
といったん寝そべったのですが、はたと気づいたのでしょうね、
ノ)かーちゃんめ、オレが寝ているスキにアレを取りに行く魂胆だな!
と。ワタシは明日の朝でいいや、って思ってたんですけど。
むくっと起きて、取りに行きましたよ、保冷剤。で、くわえて戻ってベッド
には上がらずにベッドの下の隙間にもぐりこんで、
ノ)グゥゥゥ〜(そうは問屋がおろさないぜ)
とひとこと宣言してご就寝。
母)はいはい、お好きにどうぞ

今朝、目が覚めた時にはいつものようにワタシと一緒に寝ていましたので、
床にほったらかしになっていた保冷材は無事に回収。袋を破いてもいなかっ
たからヨダレを洗い流して冷凍庫に入れました。

ノ)いい加減学べよ、かーちゃん
母)あぁっ!それ、どこから?いや・・・騒がない騒がない・・・・
スカーフ.JPG

無視していると、これみよがしに


行ったり
行ったり.JPG

来たり
来たり.JPG


ニックネーム ワハ母 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンハン★ノリスケ★スー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする